1. 現在位置:
  2. 看護学部へ行こう!
  3. 各大学の取り組みをレポート
  4. 慶應義塾大学 看護医療学部
注目の看護学部をご紹介します!
[学部特集]各大学の取り組みをレポート
様々な取り組みを行う注目の看護学部をご紹介します!
慶應義塾大学 看護医療学部

慶應義塾大学 看護医療学部

住所 〒252-0883 神奈川県藤沢市遠藤4411
Tel 0466-49-6200
URL http://www.nmc.keio.ac.jp資料請求

保健・医療・福祉を一体化できる、先導者を育成

現代の医療においては、専門性の違いにとらわれず、多様な価値観をもつ人々と共生・共存しながら、状況を的確に判断して問題を解決できる人材が求められています。病気を治す(Cure)と病人を癒す(Care)の双方の視点をもち、「人々にとって健康とは何か?」を常に考えること。看護医療学部では、こうした姿勢で人々と向き合い、ケアを旨とする看護学を基盤に保健・医療・福祉を一体化できる先導者の育成を目指しています。

総合大学として他学部と効果的に連携

いま社会では、看護職が果たす役割をできるだけ広げていこうという動きがあります。そのような中で本学部は、人々の健康に何が必要なのか、それに対して看護の立場で何ができるかを真剣に考え、仲間たちとの連携の中で追究していける人を育成します。同じキャンパス内にある総合政策・環境情報学部の科目も履修可能で、自然科学や人文・社会科学の領域を超えて学生たちは刺激を与えあっています。また2011年度からは、医学部・薬学部との連携により、医療系3学部の学生が共に学ぶ機会を設けています。この学習をとおして、医療を受ける人々を中心としたグループアプローチを実践的に学び、これからの社会を担う医療人材としての視点を培います。

4領域16分野で基礎から実践までを網羅

カリキュラムを構成する領域の1つめは、人間・社会科学領域で、人間理解や看護の基礎に必要な科目が配置されています。情報技術や言語、コミュニケーション、社会制度などを学びます。2つめは健康科学領域で、人体の構造や機能、心身の健康と健康破綻時の病態、およびその回復過程を理解するための科目が配置されています。3つめは9つの分野から成り立つ看護科学領域です。看護には様々な視点があることを学び、それぞれの段階に合わせた技術を身につけ、現実の看護にそれらを生かす臨地実習を行います。4つめは統合領域で、様々な視点からとらえた9つの看護学の分野全体を見渡し、医療とは何か、看護とは何かを改めて問い直すような科目が配置されています。4つの領域での学びをとおして質の高い看護能力を涵養するとともに、看護や人間を取りまく状況を統合して多面的に見ることができる人材を育成する点が、本カリキュラムの特徴といえます。また、2012年度からのカリキュラム改正に伴い、保健師・助産師の選択コース制を導入します。3年次秋学期に希望票を提出し、選抜を経て、4年次に卒業に必要な科目と並行して保健師選択コース・助産師選択コースの必修科目を履修します。

将来を見据えた早期実践

将来を見据えた早期実践

将来の進路選択の基盤づくりや医療従事者としての意識向上のために、早期から保健・医療・福祉の現場に触れることができるカリキュラム構成になっています。1年次の秋には技術演習や病院での見学実習を行い、ケア実践の様子を目の当たりにすることができますし、選択科目では1年次の夏から障害者作業所などでの生活状況を体験できます。

卒業後の進路

卒業後の進路は、慶應義塾大学病院をはじめとした大学病院や一般の総合病院等への看護師・助産師としての就職、企業の健康管理部門や自治体への保健師としての就職、一般企業への就職など実に多彩です。大学院へ進学したり、助産師学校に進んだりする学生もいます。

全国の看護学部一覧

全国の看護学部をもつ大学をリストアップしました。あなたの志望校選びにお役立て下さい。

看護学部ピックアップ


このページの先頭へ